読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

eastern youth 踵鳴る

www.youtube.com

 

eastern youth  「踵鳴る」

 

16歳の頃、初めて聞いたeastern youthの曲。

 

文学的で叙情的な詩とコード進行に、ハードコア色を感じる演奏陣が

「飾らない音楽」っていう感じで好みのツボにHITしたという経緯。

 

もともとこのバンドはオイパンクな音楽をしていたということもあってか、

主義主張ってのが前面に感じれる曲が多いという印象。

まぁその中でもやっぱり「踵鳴る」が好きかなっていう感じ。

 

当時の自分に

「解答はしらない 教典などいらない 歩く踵がそれを識るだろう」

っていう一種の答えと道を突き付けられたことを思い出す。

 

こういう衝撃的なモノを音楽に求め始めたのが、16の頃ぐらいだったか。